FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
離婚ルポタージュ 前向きな離婚①
はじめまして、離婚コーディネーターの高橋はるかです。
離婚ルポは、私が実際に離婚経験者に取材を行って書いたものなの。
離婚と一言で言っても、内容はさまざまで夫婦の数だけドラマがあるもの。
実際に話を聞き取材を進めていくと、本当に離婚の大変さを改めて痛感させられるの。
辛い思い出を笑って語れる裏側には、そうとうな葛藤があったからだわ。
貴重な経験を語ってくれた彼ら、彼女たちにこの場をかりて心からお礼を言うわ。
ありがとう。

回目は 
タイトル:「前向きな離婚」vol.01
離婚後に「オメデトウ」って言ってくれた女性がいて、まさに私の離婚にふさわしい言葉だったと振り返るのは、Aさん36歳だ。
Aさんが離婚したのは、6年前。学生時代から交際していた元夫と24歳で結婚、30歳で離婚を決意した時には、3歳と0歳の子供がいた。
下の子供が産まれたばかりの時に・・・いったい、彼女に離婚を決意させたのは何だったのか。

「決定的なのは、下の子を妊娠中に夫から性感染症をうつされた事。」 定期健診で分かり、頭が真っ白になったわ。私が性感染症になった理由はひとつしかない。夫よ」
夫はAさんが上の子を妊娠中に、我慢できず風俗に行ったのがきっかけで、その後も通っていたのだという。
「信じたくなかった。妊娠て、夫婦にとって大事な時期でしょう。なのに夫は風俗通いなんて・・・」それに、病気がおなかの子にどういう影響を与えるんだろうと不安になった。この夫の裏切りを知って、私の中で何かが切れたの」

「でもね、これはきっかけでしかなかったの。信頼関係が成り立っている状況で起きたことなら、ひょっとしたら許せたかもしれない。でも残念ながら、既に私の中では夫に対して絶対的な信頼がなくなっていたの。だからこの事実は、はちきれんばかりに膨らんだ風船に、針を刺したようなものね。」

つづく
スポンサーサイト
[2010/11/01 14:53] | 離婚経験者談 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<離婚ルポタージュ 前向きな離婚② | ホーム |
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://rikonjyuku.blog133.fc2.com/tb.php/2-dc357874
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。